2014.01.28

アクアスカイのチカラ



36Pの照明はADAアクアスカイ361です。

消費電力は17Wと少なく、省エネとも言えますが、

水草を育てるには少ないかなと思いあまり期待していませんでした。

けれども、出まくるんです、気泡が。

CO2添加していないのに!

45FのヴォルテスはCO2添加していないときは全く気泡は出ませんでした。

CO2を添加して出るようになりました。

アクアスカイのLEDは光合成に必要な青色波長の光を突出させて出していると書いていましたが、

本当の様です。

H26-0128-03.jpg

写真のアクセルロディの近くにある白い点がそれです。

照明点灯後2時間くらいで十分出ています。

藻も無くなったので、be-グリーンを添加し始めて、さらに成長を促します。

藻が怖いので毎日チェックは怠れません。

もうひとつ小ネタで。

H26-0128-04.jpg

モスコットンがついに切れました。溶けて切れたのでしょう。

ですが、ウィローモスは活着しませんでした。

残念、CO2無いからなのか、流木が細いからなのか、表面がつるつるしていて活着できなかったのか、

理由はわかりません。もしかしたら始めにもっと細かく切っておくべきだったのか。

う~ん、ナゾ。

そして、もうひとつ、小ネタ。

というより写真の紹介。

H26-0128-02.jpg

藻の発生防止のため、水槽の後ろの窓は段ボールと画用紙で遮光していますが、

窓を開けてみると、背景が変わって、印象も変わりました。

魚が空を飛んでいるように見えて、目新しく感じました。

高原に水槽を持って行って!?見てみるとすごくマッチしそうです。

と、いう感じに36Pを順調に楽しんでいます。




スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://45f.blog.fc2.com/tb.php/92-5051eeaf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
外の景色と水景めっちゃいい感じですね(≧∇≦)
アクアスカイ、省エネでコンパクトでそこまで光量あればいいですね。
次の購入候補です( ^ω^ )
Posted by すが at 2014.01.29 02:54 | 編集
アクアスカイいいんですが、色の再現性は蛍光灯の方がいいです。
パールグラスの色で比べてみると、
45Fのヴォルテスの方が濃くて鮮やかな緑に見えます。
アクアスカイは彩度が少し低めな黄緑色になります。
個人の好みの問題だと思いますが、私は蛍光灯の方が好きです。
60cmだと、ヴォルテス3機か、ソーラーⅡか、アクアスカイ602か、悩みますね。
Posted by 45F at 2014.01.29 23:12 | 編集
光量だけじゃなく、彩度とかも大事ですね。
ちなみに60ではグラソラ2でした。
次は30キューブを立ち上げようかと思ってます。( ^ω^ )
Posted by すが at 2014.01.30 01:09 | 編集
すがさん

グランドソーラーⅡだったんですか、すごい!
確かに高さと奥行きがあるとそれくらい必要になるんですね。
30cmCUBEですか、私はキューブは苦手で、難しいと感じてしまいます。
立ち上げが近づいてきたら、教えてください。

Posted by 45F at 2014.01.30 22:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する