--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.01.10

45F水槽立上げ 2.石を組みました

それでは石を組んでいきます。

石組はスケッチがあるとはいえ、試行錯誤できますので、

いろいろ試してみたくなります。



まずは左の大きな石。

これはこの位置で決まりです。

ただ、この石は三角形でとがっているので固定させるのが難しい!

見えるところの石は川で借りてきたやつですが、

固定用の石は固くて安定感あるADAの山谷石を使用しました。

H29-0110-05.jpg

右の大きな石もこの位置で迷いはありません。

これまたとがっている石を立てようとするからホント難しい。

小型水槽なので、大きいといってもそんなに大きくはありません。

でも、ガラスにももたれ掛けている部分もあるので大丈夫かどうかは…

徐々に石を増やして他のところも考えていきます。

下にPPシートを敷いているので作業もはかどります。

H29-0110-06.jpg

大体組めてきました。

でも中央部分がどうにも迷います。

石を立て過ぎて安定感ないです。

H29-0110-07.jpg

上から光を当ててみました。

石の隙間がスケッチのようにならないのは、

立てた石を次の石で支えようとして固まってしまってるから。

そうして試行錯誤していき、何とか形になりました。

それで次は本組みです。

やっぱりグラグラ感がすごくて、崩壊は避けられない((+_+))

しかも、ソイルとの敷き分けをしようにも石の隙間が結構空いてる!

と、いうことで、当初に考えていた通り、ちょっと邪道なことします。

H29-0110-08.jpg

黒いホットボンドです。

ネイチャーアクアリウムは自然の原風景を目指すものだとすれば、

安定しない石組は壊れて当然、崩れた末に安定した姿が自然だと思います。

ですので道理に反する置き方は自然ではありえません。

ただ、ただですよ。

小型水槽だとすべての力の値が小さいんです。

石が小さいと重力で留まる力も小さいです。

ソイルの量も少ないから、石を押すソイルの力も小さいです。

だから水槽内の素材では大きい水槽も小さい水槽も同じバランスです。

でも、人間の力は一定です。

どういうことかというと、

メンテなどの際にピンセットやプロレイザーが石に当たることありますよね?

大きい水槽なら石も大きいのでちょっと触っても動きません。

しかし、小さい水槽の小さい石は、すぐに動いてしまいます。

見た目のバランスが同じでも、小さい水槽は崩れやすいんです。

もちろん、ホットボンドの安全性は…たぶんダメだと言われる方いると思います。

けれど、今回自分の楽したいために、

どうなるかは自分で確かめたいというエゴのために使います。

H29-0110-01.jpg

そして完成!

ホットボンドは隙間を埋めることもできるし、

PPシートがあるので床に石を固定することもできます。

黒なので目立たないです。

H29-0110-02.jpg

上から見たところ。

石の量がかなり多くなってしまいました。

低床は化粧砂の予定なので、

進めてみて、やっぱり減らしたいと思ったら減らせるようにしています。

H29-0110-03.jpg

ソイルと化粧砂はこんな風に入れる予定です。

ボルビディスはソイルに植えなくてもいいので右側や後ろの化粧砂の部分にも足すことができます。

バランスを見ながらやっていきます。

ホント正解がわからない…。

前の45FⅡのときは迷いなかったんです。

迷いがあるということは、レイアウトはあんまりかも。

どうなるか分かりませんがまた進めてみます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://45f.blog.fc2.com/tb.php/630-73b773e8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
なるほど、ホットボンドの事だったんですね
レイコンの上位者もガンガン使ってますし、全然問題ないと思いますが、
結局はネイチャーの定義として自分が許せるかどうかなんでしょうね
しかし、45F水槽、改めて見るとすごい縦横奥の比率ですね
本来は、上から眺める、もしくはテラに使うような水槽なんでしょうか
あえて高さの低い水槽で、小型ながら大型水槽に見せる、ということですよね
かなり高度な事と思います。すごい
Posted by takeya at 2017.01.10 12:46 | 編集
takeyaさん

ホットボンド問題なかったんですね。

それは安心。

45F水槽を縦横4倍すると180cm×64cmになり、

ADAの180cm水槽と同じになります。

このくらいの縦横比がバランスいいと思うんですよ。

さすがに180cmだと器具や素材揃えると費用は45Fの100倍くらいかかります。

なのでお財布にやさしい45Fなのです(笑)

理想を言えば60cm×24cmとかあればいいのに。

高さ16cmでは水の減りが早い早い(^_^;)

Posted by 45F at 2017.01.10 22:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。