--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.09.22

ラ・フェラーリ改造!

昨日の記事のラ・フェラーリにいまいち納得いかなかったので改造します。

今度は8ポッチ幅でワイドに長くプロポーション重視でいきます。

途中熱中しすぎて写真はありません。

いきなり完成です!



ルマンカーバージョン!ラ・フェラーリLM

私の大好きなグループC、レーシングプロトタイプです。

フロントにはカナードウイングも付けたので横幅は9ポッチくらいあります。

ワイド&ローですね。

H28-0922-02.jpg

フロントのオーバーハングは長め、リアは短めで作っています。

ホイールベースも長くしてミッドシップレイアウトっぽくしています。

ウイングはテコの原理で後ろにあった方がリアタイヤを押さえられるのでこの位置です。

H28-0922-03.jpg

横から見たところ。

高さを抑えるのに苦労しました。

車体のベースはプレートパーツなんですけど、

2枚を繋げるので咲いて2プレート分の厚みが必要で、

そこから運転手を座らせてなるべく背もたれを寝かせて屋根もギリギリで

なんとかこの高さを実現しました。

H28-0922-04.jpg

やはりリアからの眺めの方がいい感じです。

フロントタイヤのすぐ後ろには赤いボディパーツを少なくして、

くびれさせ、フロントタイヤの存在感を引き立たせるようにしました。

う~ん、言葉で伝えるのは難しいし、伝わるのは車マニアだけか…

実車でもフロントタイヤのすぐ後ろはダクトにしてパネルで覆わない方法がとられています。

H28-0922-05.jpg

室内の様子です。

メーターや補機類、ハンドルにシフトレバーとなっています。

リアカウルは外れるようになっていて、エンジンも収まっています。

V12は入らなかったので水平対向8気筒ツインターボに見立てました。

90年代後半のルマンカーっぽいでしょ。



と、いうわけで、ワイドな車を作れて満足しました。

シェルのキャンペーンでもらったフェラーリパーツとの相性もよく、

パーツを増やせたのでリアルに作ることができました。

キットでもこれくらいの大きさの車シリーズがあったらいいと思うけど、

たぶん高いだろうな。

でも見てみたいです。




にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://45f.blog.fc2.com/tb.php/599-2e75199d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。