--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.11.25

ついに手を出してしまいました。

どーん!



CO2添加無しでがんばってきた45F、

侘び草有径草やラージパールグラスも育っているんですが、ついにCO2に手を出してしまいました。

グロッソスティグマやキューバパールグラスなどの前景草を育ててみたかったんです。

あとは、ADAのガラス器具に魅せられてしまいました。

ここまでの道のりは長かったんです。

まず、初期費用が高いです。

今回買ったDo!aquaのスターターキットでも約9000円でADAの方だと約25000円です。

ちなみに、Do!aquaはADAのビギナー向けラインで、価格が低めに抑えられています。

それでももちろん高いし、デザインも機能性も十分です。

つぎに、維持費です。

CO2はボンベに入っていて、そのボンベが無くなると交換しなければなりません。

でも、水槽が小さいので2秒か3秒に1滴のCO2でやるのでDo!aquaの方なら

毎月250円程度です。ここはクリアでした。

H25-1125-02.jpg


最後は設置ができるかという問題です。これが最大の問題でした。

フィルターのときもでしたが、ADAのかっこいいガラス製のパイプを設置しようとしたとき、

ネックになるのが、水深の浅さです。ほとんどの器具が使えません。

今回も付属のCO2拡散器(CO2の気泡の出る部分)は高さが10cmもあるのです。

下部のホースが曲がるのに必要な3cmと低床の1.5cmを加えると14.5cmで、

拡散部は水面まで1cmしかないことになります。それではCO2が溶け込みません。

小型水槽用の吸盤を使わないタイプもあるんですが、それは水槽内は大丈夫なんですが、

水槽の外にもガラスパイプが伸びていて

CO2カウンターまでまたホースを上げて使わなければなりません。

悩んだんですが、もう一種類の拡散器、CO2ミュージックグラスなら水槽の外もいけそうです。

というわけで、スターターキットに追加で4000円ほどで器具を揃えました。

H25-1125-03.jpg

いつも長くなってすみません。

後に残るので、どうせだったら詳しく書いた方が、と思っています。

設置編はまた明日です。



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://45f.blog.fc2.com/tb.php/38-da143652
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。