--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.07.10

私が45Fでなくなる日③

続きです。

撮影も終わり、早く水を抜かないといけません。



ホースでギリギリまで抜きとります。

底の方、3cmくらいは水が残ってしまいましたが、

十分軽くなったので、このままベランダに移動させました。

この辺りは野良猫が多いので、トイレにされたらたまらないので、

段ボールで周りを囲みました。

H26-0710-02.jpg

水槽をのけてみると、マットというか、真ん中の空いた部分に水がいっぱい溜まってました。

細長い白い部分です。

不思議なことに、ライトのスタンドの足の上には全く水がありませんでした。

高さ調整の為に置いてある3つの正方形も濡れていません。

水はどこからきたのか、ますます謎が深まるばかりです。

H26-0710-03.jpg

水を拭きとりました。

水槽が無いとさびしい風景です。

あ、書き忘れていました。

ゴールデンテトラたちはどうしたかというと、

H26-0710-05.jpg

20cmCUBEに9匹、過密状態ですかね。

ヤマトも20cmCUBEに入れて、オトシンは36Pに入ってもらいました。

あと、エーハイム2211は、バクテリアが死なないように36Pに付けました。

H26-0710-04.jpg

小型水槽に十分以上のろ過システムです。

出水口にスポンジを付けているので水流は大丈夫です。

抜いた水、苔のついたガラス器具、その他、片付けがたくさんありますが、

しばし、ボーっとしてしまいました。

ですが、まだやることがあります。

ライトは重しの水槽がなくなったのでグラグラです。

息子が触ると危ないので水槽台の上からのけなければなりません。

取り外すために電源コードを抜こうとして、ビックリしました!

H26-0710-06.jpg

電源を入れていたボックスの中に水が溜まっています!

「うわ、こっちもか、もうわけわからん」

現実が受け入れられません。

ここには電源タップが入っていました。

H26-0710-07.jpg

その電源タップは無事でした。

かなり長いのでボックスに斜めに入っており、底にはほんの一部しか接してなかったので、

濡れていませんでした。

濡れていない?

じゃあ水はどこからきたのか。

上から落ちてきたらコードがいっぱい入っているので、

どれかひとつくらいは伝ってきてタップが濡れてもおかしくありません。

不思議です。

まあ、もし濡れたら漏電して大変なことになりました。

水槽の下に電源設備は危ないですね。

不思議なことが起きて、今回は助かりました。

H26-0710-08.jpg

さらに、ボックスの下も濡れていません!

ボックスは布製だと思いますが、水を通さない素材のようです。

アイリスオーヤマ凄すぎます!

ちなみに、写真でちょっと湿っていそうなのは20cmCUBEが水漏れの疑いで、

水はねしたときの後です。もう乾いていますが、色と、ざらざらした感じは残ってしまいました。

H26-0710-09.jpg

そして、何も無くなりました。

なんともあっけない幕切れです。

こんなに早くに来るとは…。

疲れたのでボーッとしてしまいました。

45Fもこれで終わりか…。

キューブガーデンは3年保証なのに、1年持たずに水漏れか…。

ADAの水槽台じゃないので保証もされないか…。





おやすみなさい。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://45f.blog.fc2.com/tb.php/233-405d5755
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ADAの水槽台じゃないから保障されないっていうのもなんだか疑問ですね
Posted by ラムズ at 2014.07.11 07:24 | 編集
私も5、6年でキューブガーデンが水漏れしました。
それにしても1年は早いですね〜
ダメ元でADAに行ってみるのも良いかもしれませんよ〜
Posted by UK at 2014.07.11 19:31 | 編集
ラムズさん

結局、保障されるケースって少ないんですよね。
でも、保障を謳ってあるので安心していましたが。



UKさん

5,6年だと良い個体だったということだと思います。
一年は早過ぎですよ。
水漏れはアクアリストの宿命ですかね。

Posted by 45F at 2014.07.11 22:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。