--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.03.19

ADAドロップチェッカー設置編



昨日に引き続き、この微妙な力こぶさんを設置していきます!

まず、このドロップチェッカーは何かというと、

このガラス容器の中に入れた試薬の色の変化で、CO2の添加量の目安がわかるというものです。

設置するにはまず、試薬を入れなければいけません。

H26-0319-02.jpg

その試薬というのは、pH測定液と同じものです。

pHキットとして単品販売もあります。

ドロップチェッカーは約3700円ですが、pHキットが約1500円なので、

ガラス容器だけだと約2000円くらいなんですね。

そして、pH測定液を空けると、いきなり出て驚きました。

気圧の変化なのでしょうか、ご注意ください。液は深緑色です。

H26-0319-03.jpg

ドロップチェッカーを逆さまにして、液を入れます。

写真の様に片手では入れられません。撮影の為です。

H26-0319-04.jpg

液が入りました。液が出ないようにゆっくり回していきます。

写真でいうと、時計回りに回しました。

H26-0319-05.jpg

液が丸い液だまりに入るようにして、付属のスポイトで飼育水(水槽の水)を入れます。

H26-0319-06.jpg

液だまりの半分くらいまで飼育水を入れます。

多すぎると、設置した時にこぼれるので注意です。

H26-0319-07.jpg

さらに、ぐるっと回して、写真の様に設置する向きにします。

この場合は左の水槽のガラス面に設置します。

この向きになったらそのまま水槽の中に入れます。

H26-0319-08.jpg

ガラス面にキスゴムで貼り付けたら設置完了です!

他のガラス製品との共通性があります。

中の液の色が綺麗ということもあり、水槽のアクセサリー的な満足感があります。

ただ、45Fには大きくて、圧迫感があるのも事実です。

普通の45cmサイズか、60cm以上を考えた大きさになっています。

H26-0319-10.jpg

試薬の色をチェックシートと照らし合わせてみると、

ph7.2くらい。

ほんの少しだけ不足気味ということですね。

でも適量の範囲だと思います。

CO2添加していない夜、水草が呼吸して二酸化炭素を出して、黄色っぽくなるのでしょうか?

この色が、一日の中でどのように変化していくのか気になりますね。

また、レポートします。






スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://45f.blog.fc2.com/tb.php/138-bd347b94
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
phチェッカーおしゃれですよね!
夜間植物の呼吸でどのくらいCo2が水中に溶けだすのかすごく気になるところです。
水槽を長期維持していると植物とバクテリアが排出するCo2のみで水草を維持できるなんて聞きますもんね。
結果楽しみにしています!
Posted by kano at 2014.03.20 07:16 | 編集
kanoさん

CO2を添加しなくても、水槽内でそれが確保されている水槽は理想的ですね。
自然の縮図の様です。
また、少し様子をみてレポートしますね。
Posted by 45F at 2014.03.20 22:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。