FC2ブログ
2019.03.05

オイルレザーの名刺入れ



会社で使っている名刺入れは薄くていいのですが、容量が足りないと感じるようになりました。

そこで自作してみました。

今回少し大変でした。

まず、要望としては自分の名刺用ともらった名刺用の2つ入れ場がいること、

自分用の名刺20枚は入るように、入れ場にマチが必要なこと。

レザークラフトで作るとき、このマチをどうやって作るかが初心者にとっては難しいんです。

しかもシンプルな見た目にしたい、紙で模型を作りながら試行錯誤していきます。

その時に、縫う手順も考えないと作れない設計図になってしまいます。

H31-0302-02.jpg

写真のライトブラウンの革は全て繋がっている一枚革です。

下の自分用スペースを作りつつ、表面を覆うようにしています。

緑色の革の部分はもらったものスペースです。

横から見ても縫い目が出ないようにできました。

H31-0302-03.jpg

留め具はギボシという部品を使いました。

穴に押し込んで簡易的にロックするものです。

緑の革は二枚重ねにする必要があり、先端の両脇2箇所は糸で止めました。

H31-0302-04.jpg

中を開けるとこうなります。

もらったものスペースはこのように止まっていたんです。

名刺スペースを作るには一度革を水で濡らして、

上の写真にあるようなスチロール板で形を固めて作ります。

H31-0302-05.jpg

名刺スペースはこのように分離しています。

上の部分だけ縫えば一体化もできたんですけど、

別れていた方が、それぞれに名刺を出し入れしやすいんです。

あと緑の止める部分は内側で縫っているから表にステッチが出ないのでした。

H31-0302-06.jpg

今回は比較的大きな一枚革が必要でしたので、大きめの端切れを買いました。

1200円でしたが、使った量で言うと800円くらいです。

エイジングも楽しめるタンニン鞣し革ですから

今後の色の移り変わりや、硬さの変化など起こりそうです。


スポンサーサイト
Posted at 12:37 | leathercraft | COM(0) | TB(0) |