2015.06.30

プレ企画、正解発表!

ついに来た7月1日!

いや、まだあと1時間、でもフライング掲載!



プレ企画というより、クイズ企画。

今日で答えが言いたい病ともお別れできます!

でも、「そんな答えか!」ってブーイングもらわないか、ちょっと心配してます((+_+))

暖かい目でみてやってください。

H27-0701-05.jpg

まずは問題の画像を見ていきましょう。

浮いているようですが、浮くはずありませんよね?

写真を加工している可能性大ですよね!

拡大してみます。

H27-0701-07.jpg

まず考えられるのが、背景の上にメガネの写真を置いている可能性。

切り抜く他に、乗算して合成したり、と方法がありますが、

どうしても画像の切り抜き部分に違和感が出ます。

特に今回の様に、手前はピントが合っていて輪郭がはっきりしているけど、

奥はぼやけているやつはプロでも違和感無く切り抜きできません。

と、いうことは、メガネと背景はくっついています!!!

ここがポイントで、リアルさを出している部分です。








では、

気になる答えを発表します!















ためて、






ためて、







よし、このくらいかな。




正解は、

「片方ずつ持った画像を合成している!」

です!!!



詳しく言うと、

まず、メガネの片方のテンプル(っていうのかな?)を持って撮影します。

カメラは机に置いて、位置がずれないようにします。

H27-0701-01.jpg

これを「右の写真」と名付けます。

そして、

息を止めて、

そろ~っとメガネのもう片方のテンプルを左手で持ちます。

絶対メガネを動かさない!

さらに、

そろ~っと、右手を離します。

息は止めたまま。

撮影!

カメラはピントも露出(明るさ)もマニュアルで固定して、

同じ位置にピントがきて、同じ色で撮れるようにして撮影します。

H27-0701-03.jpg

これは「左の写真」ですね。

そして、この2枚の写真を合成します。

まず、右の写真のいらない部分、

もちろん、私の手です。

これを消します。

H27-0701-02.jpg

必ず、ぼやかして消すのと、小細工せずに一直線に消すことです。

(フォトショップを使っているので、白い部分は白ではなく透明です。)

ポイントは目が行きやすい中央のふすまの線を避けることです。

こういう目印的な部分は下手に触らない方がリアルに見えます。

メガネの中とか合成してないので、現実そのままですね。

H27-0701-04.jpg

左の写真は右の写真の無い部分を逆に残して、

左の方を消します。

後は、もうわかりますよね?

この2枚の写真を重ねるだけです。

H27-0701-05.jpg

境目同士がぼやけているので違和感なく合成できます。

さらに背景も元々ぼかして撮っているのでつなぎ目は見えません。

この合成のポイントは、

メガネと背景は同じ写真であること、

メガネの位置を変えないで写真を撮ることです。

3回目くらいに上手く撮れました。

ちょっとしたフォトショップの技術があれば、難しくないです。



と、いうことで、

正解者は、

いません!



すみません!


惜しい賞としては、

フォトショップでレイヤー合成(確かにレイヤー合成してる、惜しいのは背景抜いてないこと)を答えてくれた「ぴよさん」

2枚の写真を合成するレヴィタグラム(物体を切り抜くので細部を見ると台の部分の輪郭がぼけてしまいます。あと影が出ません。私の方法だと照明の角度を上手くやれば影も残せます)を応えてくれた「magicuser00さん」





何と言ってもたくさんの方からコメントもらえたのが嬉しかったです!

またネタが浮かんだらまたクイズしてみたいです。



最後に、

プレ企画と言いながら該当者なしで、本当にすみませんでした。

これからも45Fをどうぞよろしくお願いします!





答えに納得された方はやさしく、

なんだこれッ!と腹が立った方は怒りを込めて!?

クリックしていただけると嬉しいです(^・^)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Posted at 23:05 | その他 | COM(10) | TB(0) |
2015.06.29

45Fを救え!

レイコン撮影後、放置していた45F水槽です。



化粧砂の道は…

埋もれて見る影もありません(^_^.)

「やっぱりな」と、どこからか聞こえてきそうですが、

想定内です!

ちゃんとソイルと化粧砂を石などで区切ってないのでこうなりますね。

また化粧砂の上だけ水草を取れば道は復活すると思います。

でも、化粧砂の道の部分には新芽が出ていて、緑が鮮やかです。

今回はこの化粧砂の部分ではなく、

H27-0629-02.jpg

昔からある部分にはコケなのか、何なのか、

黒ずんでいる場所があります。

拡大してみると、

H27-0629-03.jpg

葉が小さく、成長が遅いところがコケにまみれています。

黒ひげの類でしょうか。

後から新芽が出た葉は、葉も大きく、黄緑が鮮やかです。

この黒い部分をどうにかしないと!

H27-0629-04.jpg

原因究明のため、少し取って観察です。

老化が原因か、水替えがあまりできなくて汚泥が溜まっていた冬の期間が原因か、

しばらく成長が停まった時期がありました。

葉が小さくてスケール感が出ると言って喜んでいた時期です。

その時期の葉がコケにやられています。

コケを取り除くということはできそうにないので、思い切って撤去です。

H27-0629-05.jpg

どこまで取ればいいのか、判断が難しいです。

全部取ろうとするとホントに無くなってしまうので。

H27-0629-06.jpg

水草を取った部分には化粧砂の上で成長している新芽を植えます。

これがまた大きくなると差戻し完了というわけですね。

あと、全体的に汚泥を掃除して、水替えもちゃんと一週間に一回やるようにします。

水温も上がってきて、保温しなくても直に水入れれるのでこれからの季節は楽です。

リセットするなら今の時期がいいんですけど、

まだこのレイアウトに飽きていないし、次のレイアウトも思いつかないので、

またしばらく手入れして続けようと思います。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


Posted at 22:50 | 水草 45F Ⅱ | COM(6) | TB(0) |
2015.06.26

ワニ革ブレスレット修正

以前作ったっきりになっていたワニ革ブレスレット。

まだ経験不足だったため、「難あり」でした。

今回はそれを修正します。



表皮のワニ革同士の側面をくっつけていないため、

リング状にするとこのようにパックリ割れてしまいます。

このままではリングというより、多角形になっているのでいけません。

H27-0626-02.jpg

つまようじを使って、表面に接着剤が付かないように、

革の側面だけに塗ります。

そして接着!

このようにワニ革の部分を内側にして乾かせば、

H27-0626-03.jpg

修正完了!

曲げてもパックリしなくなりました。

ちゃんと円形に曲げられます。

H27-0626-04.jpg

装着イメージ写真です。

ちょっとした修正でも完成度が上がります。

これでまた1品増えました。

次はフォトフレームにでも挑戦しようと思います。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

Posted at 22:18 | leathercraft | COM(3) | TB(0) |
2015.06.25

新リンク追加です!

皆様お久しぶりです。

ブログなかなか更新できずでした。

そんなとき、新たなリンクのお誘いが!



coryapさんの「コリドラスとアピストのNA日記」です!

(今回は紹介写真を斜めにするのを忘れずにできたよ)

化粧砂敷き分け?で水草が綺麗な水槽です。

ピンナが元気に育っていて、石や流木とマッチして羨ましいです!

うちのピンナは無くなりぎみです((+_+))

右のリンクに追加しましたので、ぜひみなさんも足をお運びください!



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

Posted at 23:02 | その他 | COM(2) | TB(0) |
2015.06.19

プロレイザーカバー自作!

ツールスタンドでいつもこちらに刃を向けているプロレイザー、

「気軽に触るなよ!」と言っているようで怖いので、

カバーをかけてやります。



用意するのは耐圧チューブの切れ端。

これでカバーを作ります。

耐圧チューブは固いのでプロレイザーの刃でもある程度耐久力があります。

H27-0619-01.jpg

まず、耐圧チューブを切ります。

ハサミを差し込んで一か所切っていきます。

切れたらもう完成です!

H27-0619-03.jpg

耐圧チューブの切れ目にそってプロレイザーの刃を差し込みます。

う~ん、何気に差し込むときが危ないです。

ここで手を切ったら元も子もない…。

この方法、あまりお勧めできません。

H27-0619-04.jpg

しっかりフィットしていて、はまれば安全ですし、

見た目もいいんですけどね。おしい。

もっと太い、トイレットペーパーの芯とかで、

ネジの部分も覆う形にすれば使いやすさと安全性があると思います。

トイレットペーパーの芯はさすがに見た目がよくないし、

水分に弱いと思うので、あの太さの透明チューブ、

そんなん無いか…。

H27-0619-05.jpg

とりあえず、今は丸く収まっています。

隣のプロピッカーも耐圧チューブ自作シリーズなんですが、

こちらは120点満点の出来です!

詳しくは2014.11.24の記事をご覧ください。

http://45f.blog.fc2.com/blog-entry-319.html#comments

めちゃおススメです!




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

Posted at 22:13 | 器具 45F Ⅱ | COM(7) | TB(0) |
2015.06.18

ひっさしぶりのアクアネタ!

プレ企画にたくさんの応募ありがとうございます!

なんかこんなに来るとは思わなかったんで、ビックリしています!

答えは7月1日と書きましたが、もったいぶらないで早く言いたい!

言いたくてしかたないんです!

うずうずです。

と、それは置いておいて、久しぶりのアクアネタです。



と、言っても、36Pのトリミングなんですけどね。

しかも左半分切り終わってから写真撮らないと!となりました。

右を見たらわかると思いますが、放置が長く、水面まで伸びきっています。

トリミングを何回も繰り返しているんですが、あんまり密度が出ないです。

差し戻しはソイル舞うし、大変なので、トリミングした水草を新たに植えました。

H27-0618-02.jpg

完成!

すっきりしました。

水草のラインがまっすぐになってしまうのはいつも通り…。

最後は凹型にしてみせます!

それにしてもTAKOさんからもらったボルビディスがすごく調子いい!

どんどん大きくなっています!

気づいたら先が渦状になった新芽がニョキッと出ていて、

発見した時が嬉しいです!

葉っぱの少し上向きな感じとかすごくエネルギーを感じます。

H27-0618-03.jpg

このアングルが一番お気に入りです!

石もホントはちっさいんですけど、こうやって下から見ると大きく見えます。

上から覆いかぶさるボルビの葉が遠近感を出してくれています。

36Pに後はミクロソリウム・トライデントの小さいやつ入れたいなあ。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

Posted at 23:17 | 水草 36P Ⅱ | COM(4) | TB(0) |
2015.06.16

初のプレ企画開始!

プレ企画、ちょっとやってみることにしました。

ただのプレ企画だと面白くないのでクイズ形式にしたいと思います。

コメント欄に答えを書いてもらって、後日正解を発表し、

正解者にプレゼントを贈ります。

一人何回でも応募できます。

正解多数だった場合は一番早く回答した人に贈ります。

H27-0614-04.jpg


これは先日のメガネの記事の写真です。

メガネが宙に浮いていますよね!

では、問題!

この写真はどうやって撮ったのでしょうか?

ヒント!

・透明なテグスのような糸で吊るして画像加工で糸をけしたのではありません。

・空中に投げて、写真を撮ったのではありません。

・レンズの中のふすまの線が歪んでいるのはレンズに度が入っているからです。

以上。


で、肝心のプレゼントはこれ!

ワニ革製ストラップです。

H27-0616-01.jpg

「なんだ、またこれか」と思う方も多いかもしれません(^_^;)

皆様の応募、お待ちしています!

あ、正解は7月1日に発表します!




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

Posted at 23:46 | その他 | COM(10) | TB(0) |
2015.06.15

glasses!

glasses…メガネのお話です。

私はメガネをかけています。

小学校後半から目が悪くて、中学のときにメガネを作ったんですが、

自分的に似合っていないようで、カッコ悪くて付けず、

高校からはコンタクト(ハード)にしていました。

大学で1回無くしてまた作ったこともありました。

就職して一日中パソコンで仕事するようになり、ハードコンタクトでは目が痛くて、

久しぶりにメガネデビューしました。

それ以来ずっとメガネです。

最近はカッコいいメガネがあって、

コンタクトに比べて着けたり外したりも楽なのでメガネが好きになりました。

中学の時に作った初代を入れると二代目ですね。

これが二代目メガネくんです



目(ME)のMが両サイドに入っていると職場の先輩にいじられたり(笑)、

ウルトラマンみたいだといじられたり(笑)…

デザインの仕事をしていたので、

これくらい派手な方がインパクトあると思って決めたやつです。

Masaki Matsushima というとこのメガネです。

レンズの両サイドが開いているのも好きなところです。

標準レンズだと厚みがすごくて、2年くらいして薄型レンズに変えたりしました。

厚みが半分くらいになりました。

長く愛用しているとレンズを拭くと傷が入るようになって、

このままでは劣化が進むと思い、もうひとつメガネを買うことにしました。

そのころは小学校の講師をしていて、派手すぎるのも使いづらい場面もあり、

いつでもどこにでも付けていけるようなシックなやつを探しました。

それが三代目メガネくんです。

H27-0614-02.jpg

999.9と書いてフォーナインズと読むメーカーのやつです。

999.9とは1000分の999.9がチタン(純チタン)だからだそうです。

そういう素材のことや、ヒンジのメカニックさに惚れました。

二代目もそうですが、メガネを選ぶポイントのひとつに付け心地というのがあります。

ヒンジのバネが柔らかく、締め付けられないけどメガネが落ちることもない、

そんな、ちょうどいい付け心地を求めています。

同じデザインで、ほんの少しフレームの形状が違うのが数種類あり、

注文したのと違うのが出来上がって、再度注文したりしました。

店員さんしっかりして欲しいです。

このメガネのレンズはUVカットなんですが、

光が当たるとピンクっぽくレンズが反射するのがちょっと難点です。

で、長年使い続けていると二代目がかなり劣化してきました。

H27-0614-03.jpg

フレームの塗装の一部が剥げたり、樹脂の部分が白く変色したりするのはまだいいんですが、

ネジ穴が死んでネジがユルユルで固定できません。

上下反対に向けるとネジがスポッと取れてしまい、何度か探すのが大変でした。

写真のようにセロハンテープで覆っていますが、

ヒンジのネジ受け部分が曲がって、ぐらつくようになってしまいました。

ペンチで修理も試みましたが、金属が柔らかくなっていてすぐにぐらつきます。

今年で10年、もう寿命っぽいです。

と、いうことで誕生日が近いので嫁さんに新しいの買ってもらいました!

H27-0614-04.jpg

今流行の黒縁メガネを勧められましたが、会社に何人もいるので、

紺色にしてみました!初めてのオール樹脂メガネです。

今はまたデザインの仕事をしているんですが、メーカーなのであまり派手なのは気が引けます。

形的に派手というかインパクトあるので色は抑えました。

最近、財布に始まり、ネックストラップ、キーケース、リュックと紺色のものが増えています。

そういう年頃なんでしょうか。

メガネの話にもどると、このメガネはS!NSのやつです。

安いのは知っていましたが、樹脂のやつはヒンジにバネがなくて、

頭が締め付けられるのが多くて避けていました。

でもこのメガネはちゃんとバネの構造になっており、

付け心地が非常にいいです。軽いし。

薄型非球面レンズを付けても値段が変わらず、すごく安いです!

同じような店でZoffというのもありますが、あちらは薄型レンズにすると追加料金が発生して高いです。

いや~いいのを買ってもらえました。感謝感謝です!

このメガネ縁が太いので視界に入りますが、

なんとなく若返って見える!?ので、そこも気に入っています。

H27-0614-05.jpg

メガネケースも直方体でいいです。

何がいいかというと、革を貼ったりしやすそうだからです。

もうアレンジする気満々です(笑)

今は合皮ですが、いつか革張りにします(^・^)

と、いう感じに私のメガネLifeを綴ってみました。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


Posted at 23:28 | その他 | COM(3) | TB(0) |
2015.06.13

新リンク追加!



「気ままにアクアリウム」Bonjourさんのブログです!

水草水槽やラミレジィの記事などあります。

オールADAの水槽に水もたっぷり入って水のキューブになってます。

私も水たっぷり派なので(息子におもちゃ入れられると悲惨ですが…)

これからも、よろしくお願いします!



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


Posted at 23:58 | その他 | COM(2) | TB(0) |
2015.06.12

リザード革プッシュピン(カードホルダー付)

またしてもレザークラフトです。

材料はずっと前に買っていたんですが、眠ったままでした。

やるぞ!と意気込まないとなかなか行動できません。

でも、昨日ブローチストラップを作って、

一度作れば次々と制作意欲が湧いてきます。



今日は写真も飾れるプッシュピンを作りました。

ちょっと女子的なグッズですね。

木のままでもいいんですが、せっかく革があるのでアレンジです!

H27-0612-02.jpg

初めてリザード革を使います!

模様が細かくて、ちょっと苦手な人もいるかも…。

でも、財布とかに使われているし、一般的な素材だと思うので大丈夫です。

藍、赤紫、朱、灰、焦げ茶というなかなかオリエンタルな感じのラインナップです。

H27-0612-03.jpg

失敗を恐れずに接着剤を付けていきます。

接着剤は失敗しないように超多用途、超強力と書いてあるやつを使っています。

粘り気もあるので革の凹凸にも入っていくし、クッション効果で革の接着に適しています。

少し乾かしてからくっ付けるのがコツです。

H27-0612-04.jpg

乾かしている図。

怖い!先端が怖い!

怖いから早く次の工程に進みたい。

H27-0612-05.jpg

ある程度乾いたら飛び出している部分をカッターで切っていきます。

うん、簡単!しかも失敗がない、作りやすい製品です。

H27-0612-06.jpg

完成!

このままだと角が立っているので角はハサミで丸めます。

一個だと見栄えはしませんね。

他の色も完成させていきます。

H27-0612-07.jpg

全部出来上がりました。

なかなかカラフルです。

このままだとただの四角なので、

使用イメージ写真です。

H27-0612-08.jpg

壁が土壁なので刺せなくてすみません(^_^;)

始めは色がシンプルすぎるかとも思い、ボーダー柄も考えましたが、

こうして使ってみると結構いいですね!

写真がたくさんの色をもっているので、

カードホルダーはボーダー柄じゃなくてシンプルな1色の方がよかったです。

やっぱりオリジナルグッズはいいですね。

こういうカードホルダーで革を貼っているやつなんて見たことないです。

そうそう、こういう厚みのあるものは普通の封筒では送れないんでしょうか?

切手を足せば(120円とか?)送れるんですかね。

水草交換企画の前にそういうことも調べておかないといけませんね。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


Posted at 00:01 | leathercraft | COM(5) | TB(0) |