2014.10.31

久々の新ツール購入!

久しぶりにADAのツール買いました!

この銀色のパッケージはやはりうれしくなりますね。

H26-1031-05.jpg

ADAプロピッカーです!

石や流木に付いたコケを落とすものです。

いいかげん、45Fの石に付いた黒ひげゴケをどうにかしようと思います。

フィトンギットもいいですが、石を水から出さないと威力半減で、

下の方のコケはどうすることもできません。

しかたないので、力づくでコケ退治しようと思い、購入に至りました。

H26-1031-02.jpg

これも職人さん手作りなんですね。

あのAeeeさん再登場!

4回目くらいだと思います。よく働いてるんですね。

H26-1031-03.jpg

先端はこんな感じで、耳かきみたいです。

でも決して耳かきに使ってはいけません!

エッジがものすごく立ってます!

あの取れにくい黒ひげを掻き取るんですから、

触ったら痛いくらいです。

不思議なのが、直接石を引っ掻くようなものなのに、

先端のステンレスの表面処理は鏡面仕上げなんですよ。

こんなにピッカピカにしたら傷が目立つのに、なぜだろう。

他のハサミやピンセットはヘアライン仕上げで傷が目立たないようにしてあるのに。

あと、黒ひげが発生しているのに、

プロピッカーを今まで買わなかった理由がこれです↓

H26-1031-04.jpg

そう、ツールスタンドに設置することができないんです。

ツール用の穴に入れてもスカッと落ちるので、

しかたなく、真ん中のスペースに置きましたが、カッコ悪いです。

どうにかしてスタンドに上手く設置することはできないんでしょうか…。

そして、肝心の使い心地は…

次回の記事で!(すみません、おやすみなさい…)


スポンサーサイト
Posted at 23:15 | 器具 45F Ⅱ | COM(2) | TB(0) |
2014.10.30

こんなん作りました!

「新しい趣味?」と、いうことで、

この前の記事でワニ革を使って何か作ると言っていたやつが

完成したのでお知らせします!



材料は上の写真にありますように、

ワニ革の端切れです。短冊状にカットされていて、15mm幅です。

それと、革製品のところに売っていたキーホルダーの留め金?

なんていうんでしょうか?カラビナでしたっけ?

まあ、それを追加で買いました。2つ入って300円くらいでした。

H26-1028-03.jpg

まず、ベースにするワニ革を選びます。

ベースなので、地味な色にした方が飾りに使うカラフルなワニ革が目立ちます。

黒と茶色が多めに入っていたので、今回は茶色を使います。

(黒はホントにテカテカの黒革で、おばちゃんっぽくなるので使い道が無さそう…)

短冊状の革を10cmくらい切ります。

切り口を斜めにするのがポイントです!

そして、端を金属のカラビナに通して、接着剤で固定します。

本当は縫ってステッチにすれば完璧なんでしょうが、そんな技術はありません。

いつも通り、私の作るものは手抜きで強度はありません。

(お得意の両面テープも試しましたが、さすがにくっつきません)

H26-1028-04.jpg

シリコンやゴム以外、なんでもくっつくというこのボンドはおススメです。

革の裏はスエードになっていましたが、問題無くくっつきました。

写真の上部にある感じにくっつけて、カラビナから取れなくします。

次に、飾り用の革を選びます。色選びがポイントですね。

まず、黄土色です。ベースの茶色に近い色を1色入れて一体感を出そうと思います。

黄土色はカラフルな色と相性抜群なのですごく使えます。

あとは、好きな青緑は絶対入れようと思いました。

最後の1色は濃い系ではなく、カラフルな色を選んで遊びを入れようと思います。

サーモンピンクもありましたが、ちょっとかわいくなりすぎるので、

薄紫に留まりました。

どの短冊も15mm幅の平行に切られている材料なので、

ベースの茶色の上に順番に張るだけできちっと作れます。

H26-1028-05.jpg

飾り用の革を張って、(ぴったりサイズじゃなく、ベースからはみ出るように)

はみ出た部分をカッターで切れば完成です!

あ、そうそう、一番端はまたベースの茶色にして引き締めました。

最初にベースの茶色の端を斜めに切っているので、

斜めストライプ模様にできました。

H26-1028-06.jpg

タグ型ワニ革キーホルダーの完成です!

カラビナの色をこのバッグに使われている真鍮の金具と合わせたので、

違和感なく装着できました。

タグの周りにステッチと、革の小口にスミ入れをすれば売れるレベルだと勝手に思っています。

小口をマジックで黒く塗ろうと、使ってない材料で試しましたが、マジックの色が染み込みすぎて、

黒が広がりすぎるのでやめました。

手作り感ありますが、本ワニ革なのでいい感じです。

まだまだ材料はあるので他にも作れるものはないか考えてみます。

新しいことを始めるとき、あれこれ考えるのって楽しいですね。

まるで水槽を立ち上げるときのようです。

アクアの方もまた記事にしますね。





Posted at 00:01 | その他 | COM(3) | TB(0) |
2014.10.29

またまた新リンク追加!

ブログの仲間が増えるっていいですよね~☆

輪が広がるという感じがいいですよね。

今回リンクに追加されたのは、

うりぼうさんのブログ

Aquatic plants and aquarium with cats
ビオトープと熱帯魚とときどき猫たち
( http://urisgarden.blog.fc2.com/ )



アクアはもちろん、ビオトープ、熱帯の植物、

そしてネコさんまで、

幅広く、そして詳しく記事にされています。

その1つ1つのカテゴリーが私も大好きなものばかり!

他の方もそうですが、アクア好きは植物やガーデニングも好きで、ネコも好き(笑)!

なんかそういう方程式があるような気がします。

みなさんも好きなものがきっとあるはずです。

右のリンクからぜひ遊びに行ってみてください!


Posted at 00:02 | その他 | COM(3) | TB(0) |
2014.10.28

新たな趣味?

ブログを始めた当初はアクアネタだけにしようと決めていましたが、

みなさんに読んでいただいて、コメントをもらううちに、

どんどん、私自身のことや、生活の中でも発見を知ってほしいと思う気持ちが強くなり、

最近は車ネタとかカメラのこととか、多くてすみません…。

今日もまた非アクアネタです。(すみません;)

先日、ホームセンタームサシというホームセンターがあるのを地図で発見!

行動圏内のショッピングモールやスーパー、ホームセンターは完全制覇するのが目標である私は、

当然、向かいました。家から1時間かかるんですけど…。

ネットで下調べすると、結構規模が大きくて、アクアも生体がいるようでした。

さらに2階には大きな画材屋さんがあるというので、大変めずらしいです。

まず、アクアの方から。

ADAは取り扱っていませんでした。生体はそこそこいました。

目玉はベタくんです!

トラディショナル、ダブルテール、デルタ、ハーフムーン、クラウン、プラカットと、

一通りそろっていました。

中でも、スチールブルーのプラカットがすごく綺麗でした!

ブルーというよりはエメラルドグリーンで、私の好きな色です。

3500円と、相場の値段でした。かなり迷いました。

でも、見送りました。

まず、立て続けにベタくんを★にしたので、育てる自身がありません。

生き物は値段ではないのですが、3500円というのもすごいプレッシャーです。

また、ハーフムーンですが、プラカットなので、ヒレが短いです。

やっぱりベタくんはヒレが長い方が好きなんです。

色は100%好みだっただけに、名残惜しいです。

また、どこかで理想のベタくんに巡り合うのを待ちます。

長くなりました。さて、タイトルの新しい趣味の発見ですが、

これです!



袋入りの端切れ(革製品の材料の余った切れっ端)です。

薄々気づいている人もいるかもしれませんが、

私、革も大好きなんです(笑)手触りと、

染めている染料のニオイなのか、革自体のニオイなのかわかりませんが、

あのニオイが好きなんです。(なんか変態みたいですみません…)

端切れではない革のシートもありました。

時計のストラップを交換するときの作業台にしようと、

初めはそっちにしようかと思っていましたが、

袋入りの端切れの中身をみてびっくり!

H26-1028-02.jpg

1/3くらいはワニ革が入っているじゃないですか!

1袋、1000円。

牛革の型押しだろうと思いましたが、ウロコ状の模様のきめ細かさ、

ウロコが少しめくれて、立体的になっている部分があり、

型押しでは絶対に作れない形状であること、

革の裏も、表のウロコと同じ部分に凸凹があることから、

クロコダイルか、アリゲーターか、カイマンなのかわかりませんが、

本物のワニ革だとわかりました。

いろんな色が入っていてカラフルです。

すべてツヤありの革です。

ツヤなしのマットな革が好きなんですが、これはどうみてもお得です!

職人の加工料が大半だと思いますが、

時計のストラップだと1本8000円くらいのクロコだと思います。

他にも、三角ではありますが、シート状の

シャークやオーストリッチのようなのも、バッファローも入っていました。

店には革の加工用の器具もたくさん売っていました。

革の加工なんてしたことありませんので、縫ったり、穴を空けたりはできません。

接着剤でなんとかして、何かを作ろうと思います。

それにしても久しぶりに宝を見つけたような昂揚感がありました。

ホームセンタームサシ、おススメです!







Posted at 00:01 | その他 | COM(7) | TB(0) |
2014.10.27

新リンク追加!

この度、TAKOさんのブログ、

Aqua、2013 ( http://aquaokinawa007.blog.fc2.com/ )をリンクに追加させて頂きました。



TAKOさんは60P2本をメインに水草水槽をされています。

私のように写真を載せて「あとは読んでくれ」ではなく、

写真に囲み線や矢印を追加されていてとてもわかりやすいです。

毎日のように水槽の改造・調整をされていてアツきアクアリストです。

沖縄在住なので、季節感の違いや、台風の威力の違いなど、

沖縄のことにも詳しくなれるというオマケつき(笑)

ぜひ右のリンクからどうぞ!


Posted at 00:01 | その他 | COM(2) | TB(0) |
2014.10.26

36Pボーボーです

今日は36Pトリミングの記事です。

もう何回目か忘れましたが、

トリミングを重ねているので、だいぶ密度が出てきました。



特にパールグラスはすごく枝分かれをして増えています。

グリーンロタラはどちらかというと枝分かれはしにくいようです。

切っても、切ったところから1本しか出ていないことが多いです。

グリーンゲインを入れると枝分かれが促進されるかもしれません。

まあ、でも、切ったロタラもまた挿し木にするので2倍には増えていると言えます。

ロタラは上に伸びるのが得意なようです。

高さがある水槽ならロタラはまっすぐにきれいに伸びるんですが、

上の写真の通り、すぐに水面について曲がってしまいます。

ロタラを中心に、ラインを作ることを心掛けてトリミングしました。

かなり切ったので、水草の欠片の処理が大変で、途中の写真はありません。

トリミング後です↓

H26-1026-03.jpg

左右の水草のラインはどうするのか迷っています。

右を高くして左を低くするのか、

どちらも高くして凹型にするのか(真ん中のミクロソリウムも高くなってきているので無理そうです。)、

このように両サイドを低くして凸型にするのもいいかもしれません。

まあ、とりあえず切ったことで水面もクリアになりましたし、

これからさらに密度が高くなってくることでしょう。

もう完成なのかなとも思ってきてます。

あと、ヒーターをミクロソリウムの後ろに無理やり押し込みました。

ヒーターに保護カバーがついているので大丈夫でしょう。

前面にヒーターがついているのはやっぱり許せませんでした。

CO2機器は見えていてもいいのは、やはりADAのデザイン性の高さです。

ヒーターもガラスのスケルトンパーツで、温まる部分は白にしたのが発売されるといいです。

絶対売れると思います。

H26-1026-02.jpg

上から見るとこんな感じです。

ヒーターが結構太いので、上からだと見え見えです。

それにしてもろ過器が腐った36Pも、よくここまで調子を取り戻してくれました。

ろ材が変わったからか、以前よりも調子いいくらいです。

エアレで油膜も全然ありません。

36Pはしばらくこれで大丈夫です。

20cmCUBEをどうにかしないと、

ボーボー過ぎて、混沌としています。





Posted at 22:29 | 水草 36P Ⅱ | COM(0) | TB(0) |
2014.10.24

45Fブログ祝1周年!

気が付かないうちに1周年が経っていました!



1年が経つのは早いです。

19日までの1年間で記事は292個!

更新率はピッタリ80%です!

この数字を下げないようにがんばりたいものです。

1年間のアクセス数は約16300!

そして、

H26-1024-02.jpg

ついにyahoo検索「45F」で1番上に表示されるようになりました!

今まで1番だったところはお花のお店(プロ)のようだったので、

勝てることはないんだろうなと思っていました。

これもいつもブログを読んで頂いている皆様のおかげです!

ありがとうございました!

今日は感謝の気持ちを込めまして、

この1年間の45Fの軌跡をご覧ください!

それでは、これからもどうぞ末永く、お願いいたします!






H26-1024-15.jpg

H26-1024-03.jpg

H26-1024-04.jpg

H26-1024-05.jpg

H26-1024-06.jpg

H26-1024-07.jpg

H26-1024-08.jpg

H26-1024-09.jpg

H26-1024-10.jpg

H26-1024-11.jpg

H26-1024-12.jpg

H26-1024-13.jpg

H26-1024-14.jpg

Posted at 23:18 | その他 | COM(6) | TB(0) |
2014.10.23

スポイト改造!

久しぶりの更新です。

Wi-Fiが停滞していて更新できませんでした。



化粧砂や水草の中に溜まった汚れを吸い出すために購入した大型スポイトですが、

ウィローモスの欠片など、少し大きい物も吸えたらいいなと思い、改造します!

H26-1022-02.jpg

口の部分を切って、口径を大きくします。

あまり大きくし過ぎると吸い出したものが出てしまいそうなので慎重に場所を決めます。

プラスチックが結構固いので、のこぎりがあれば万全ですが、ないので、

100均で買ったサバイバルグッズ?(10個くらい機能があるやつ)ののこぎりで切ります。

全然切れません!やっぱり100均ですね…。

形だけそれっぽく作ってあっても機能性は低いです。

そういえばドライバーも、先が丸くて太いので、よっぽど大きなネジにしか使えなかったです。

スイスのマークがついたやつなら実用的なのでしょうか、切れすぎて危なそうですけど。

H26-1022-03.jpg

もちろん、ガタガタです。

でも汚れを吸うだけなのでこれでOK!

切っているときに壁の向こう側から息子が興味深々な眼差しで見ていました。

やっぱりこういうのって男子は好きなんですね。

トイザらスに工具のおもちゃ売っているのも納得。

H26-1022-04.jpg

ウィローモスの欠片もちゃんと吸える!

口が大きくなったからか、

スポイトを水から上げるときに少し水が漏れ落ちるようになってしまいましたが、

吸ったものは落ちません。

小さな欠片ってピンセットでも取りにくいので、これは重宝します。

H26-1022-05.jpg

きれいになった砂の川底部分です。

結構がんばりました。流木の真下はやっぱり掃除しにくいですね。

H26-1022-06.jpg

右下の岩場の部分です。

石の隙間につもっていた茶色い汚れも吸い出すことができました。

きれいにはなりましたが、

ここは石の数が少ないので、どうしても並べた感が出てしまいます。

小さい石をもっと増やして自然のガレ場を表現したいです。

以上、道具改造の小ネタでした。





Posted at 22:24 | 器具 36P Ⅱ | COM(3) | TB(0) |
2014.10.20

がんばれピンナ!

久しぶりに20cmCUBEの記事です。

設置場所が難ありで、メンテがめんどくさくなり、放置中です。

水槽の調子はすごく良くて、油膜も無く、水が輝いています。



水草も伸び放題です。

少し前にリシアが大きくなり過ぎたので、半分くらいトリミングしました。

上の写真の真ん中にピンナティフィダがあるのがわかるでしょうか?

草原にたたずむ一本の木のイメージで植えてありますが、

このところ、急成長しました。

H26-1020-02.jpg

どーん!

水中が自分たちの世界である魚たちにとったらこれは世界樹の木です(笑)

宇宙空間にまで伸びて行った感じでしょうか。

H26-1020-03.jpg

さすがにまだ水中葉のようで、水上は枯れてしまっていますが、

新芽が出ており、それが水上葉にならないか楽しみにしています。

これからどうなるんでしょうか。

がんばれピンナ!



Posted at 22:37 | 水草 20C | COM(3) | TB(0) |
2014.10.18

自然光のもとで

撮影はライトの光ですが、自然光で見た水槽はどうでしょうか。



暗い部屋の窓を開けて日の光を部屋に取り入れ、

朝起きて餌をあげるそのときの水槽もまたいいものです。

H26-1018-02.jpg

逆光ですが水草が透けて緑が重なる感じもきれいです。

豊富な光量が成せる業です。

H26-1018-03.jpg

自然光で見る魚たちの色合いもライトのときとは少し違っています。

本来はこの色なんですね。

H26-1018-04.jpg

水槽の後ろから差し込む光が水槽下の石の隙間から入ってくるので、

こんな写真も撮れました。

逆光で水槽の写真を撮るのもいつもと違って新しい発見がありますね。

H26-1018-05.jpg

流木や水草からも光が漏れてます。

水槽下に影の部分を作るとこういったきれいさもあるんですね。

ライトの光りだと差しこむ方向なのか、光の量の問題なのか、

こんなにシャープに光は差し込みません。

H26-1018-06.jpg

こちらは45Fです。

水槽に透明感が出ると言うか、水の存在が無いです。

草原の上を飛んでいるような感じがします。

みなさんも自然光で写真を撮ってみるのも面白いかもしれません。




Posted at 23:14 | 水草 36P Ⅱ | COM(8) | TB(0) |