--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.09.06

苦し紛れのシューズネタ

シューズネタもこれが最後です。

全然記憶になかったんですけどこんなんありました。



クロックスもどきです。

500円くらいだったかな。

ベランダシューズや洗車シューズとしては最強ですw

すぐに洗えて干せるし、水を吸わないのですぐに乾く。

あと、海や川では普通のサンダルだと足の甲がガードできないけど、

これはすっぽりと囲うので岩などでも安全です。

飾りでデコレートしたり、色を塗っても面白そうです。

と、

こんな感じでシューズネタを連続でやってきました。

実はシューズネタで「水草ブログ村ランキング」どこまで上がれるか試してましたw

結果は16位です。

延々と別ジャンルの記事だと上位は難しそうですね。

でも、いろいろコメントもらえて靴がさらに好きになりました。

時間が合ったらまた他のジャンルにも挑戦したいです。

カメラネタ(これはできそう)、バッグネタ(革好きなので)、

ビールネタ、ポテトチップスネタ、ミニカーネタ、時計ネタ…等







にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Posted at 23:49 | shoes | COM(2) | TB(0) |
2016.09.04

ドリフトキャット!

またもや靴ネタです。

2007年!

写真を探してみるとあるもんですねぇ。



プーマのドリフトキャットというスニーカーです。

買った当時の写真ですので新品です。

確か前の会社のころです。

普段履きの靴として買いました。

その後、小学校の講師時代に外履きの運動靴として使用。

運動会の度にボロボロになっていき、

今でもまだ残っているかな。あるとしたら物置かな。

それくらいボロボロになってしまいました。

小学校で使うとホント劣化が早いです。

H28-0904-02.jpg

この靴が初めてのドライビングシューズです。

当時から車好きだったのでこういう靴は大好きです。

黒革とベージュの革、踵付近はベージュのバックスキン、

靴底にもベージュの部分があり、一貫したはい配色がポイントです。

H28-0904-03.jpg

黒革にはキルトの部分もあったんだ。

靴底は縦溝があり、F1のタイヤを意識していますね。

靴底も薄く、柔らかく、フィット感のよい横幅でしたので運動するにはぴったりの靴でした。

靴底の厚い靴より、地面の状態がわかる靴底の薄い靴の方が私は好きだなということがわかった靴でもあります。

運動用におススメです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

Posted at 22:55 | shoes | COM(2) | TB(0) |
2016.09.03

上履き用だと踵はすり減らない!

特にこのブログに靴ネタを出そうとは思っていなかたんですけど、

何か買うときには写真を撮っているので以前買った靴の写真もPCに眠っていました。

モノ大好きな私としては、買った時から使えば必ず劣化が進むというのが悲しくて、

最初の一番いい状態をどうしても記録しておきたくて。

(一部使い込めばいい味がでるものもあります)

そんな感じでまたまた靴の紹介です。



これは私が以前、小学校で講師をしていたときに買った上靴用のスニーカーです。

それより前に、どうせ上靴なので2000円くらいのを使っていましたが、

白だったんです。LOTTOとかいうのだったです。

靴単体としてはいいんですけど、学校ではスーツだったので、

スーツに白いスニーカーという奇妙な組み合わせ(^_^;)

でも、教員の中ではポピュラーな組み合わせで、

これぞ、先生スタイルという独特のものです。

普段の学校生活は子どもたちと奮闘しているので、言ってみればスポーツ状態です。

見た目よりも機能性が大事でした。

けれど、卒業式に、入学式、ネクタイ締めて上着を着るフォーマルな舞台では、

スーツに白スニーカーはどうしても嫌でした。

なので茶色を選びました。

H28-0903-02.jpg

もちろん、踵はドライビングシューズ形状!

プーマのスニーカーはフェラーリやBMWなどとコラボしたり、

実際にレーシングチームに靴を提供しているのでこの形状のスニーカーが多いです。

名前は確か「ワイルドキャット」

レーシーです。

少し細めでピタッとしてて、機能性は抜群です。

色も落ち着いていて、かつ、茶色は茶色でも、

素材によって質感と色を変えてきているところが高ポイントでした。

主に茶色の革で、下の方、靴がぶつかりそうな部分には焦げ茶のバックスキンを使っています。

サイドの大きなピューマは薄目の茶色のバックスキン風合皮です。

H28-0903-03.jpg

私は猫も好きなので、この大きなピューマが大好きです。

この靴は確かネットで買いました。

ネットだと古いモデルも売っていて、残りサイズが少なくて、数足だったので、

半額で買えました。

プーマの靴は小さめなので、普段よりも1cmくらい大きい方がおススメです。

実際に履かずに買ったので不安でしたが、サイズが合ってよかった。

買って5年ちょいですが、学校で酷使しすぎたのか、

踵のインナーに入っているプラスチック部品も割れて、踵がふにゃふにゃです。

内側の布も破れており、革に比べると耐久性は無いようです。

今は会社の中で使っています。

上靴なので踵のヘリは無いのが救いです。

かなり寿命ですが、これ以上はそうそう悪くならないので履き続けます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村



Posted at 22:56 | shoes | COM(0) | TB(0) |
2016.09.02

似合うかどうかは別にしてこの色が好きなんです

またもや靴紹介です。

この靴は3年前に買いました。

モカシン?という種類だったかな。

ドライビングシューズが欲しくて大阪駅周辺のデパート系で数時間迷ったあげくに買いました。



モカシンはいろいろありましたが、基本的に形は同じです。

靴底の形状や紐のある無し、紐の色や靴の色で差別化されています。

トッズというメーカーのが欲しいなと思っていました。

色も豊富にあり、革もいいんですけど、本当にスタンダードな形状でした。

こういう形状の靴は初めてだったのでどうせならちょっと変わった遊びが入っているのにしたかたんです。

あと、トッズは高くて予算が足りませんでした。

そこで見つけたのがコールハーンというメーカーのモカシンです。

「45F色やん!」

まず第一に色で目につきました。

もちろん、同じ種類で紺色や茶色など控え目な色もありました。

何度も履いて、悩んで、ごはん食べて、また行って、

やっとの思いで購入に踏み切りました!

H28-0901-02.jpg

あと、モカシンで外せないのが靴底のイボイボです!

普通の靴底のもありましたが、やっぱりこのイボイボがインパクトあっていいし、

履き心地とかも違うだろうし、魅力的でした。

このコールハーンは実はナイキと繋がりがあるらしく、

ソールの中にはナイキのエアー機構が入っているようで、

見た目だけじゃない、機能性もあるというのが決定打になりました。

H28-0901-03.jpg

踵はもちろん、ドライビング形状!

イボイボがかわいらしい(^・^)

ステッチもゴムに合わせて紺色を使っていていいです。

H28-0901-04.jpg

あとは細部にも手が込んでいるのがポイントです。

靴ひもは革の色と同色ではなく、茶色で色を変えている点もいいです。

1色よりも見ていて飽きがこないです。

さらに靴の縁や一部のパーツはクロコの型押し+ダメージ加工がされた革を使っています。

同じ色でも素材を変えて、単調にならないようにされています。

革はバックスキンなので汚れに弱いですし、履くときは短い靴下を履かないといけないので、

夏限定で履いています。

服や自分に合っているとは到底思えませんが、好きなので夏はやっぱりこの靴が一番です!

ちょっとチャレンジな色にしたおかげで、特別感が出るし、飽きないので正解でした。

この靴は修理はできそうにないので、より大切に長~く履いていけるようにしたいです。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

Posted at 22:45 | shoes | COM(4) | TB(0) |
2016.08.30

今回は修理しません

靴を修理していく中で、せっかくなので他の靴も掃除することにしました。

紐の結び目や革と革の段差などにホコリが溜まっているので、

ブラッシングするだけで結構見た目変わります。



今日はこの靴です。

ヌメ革風のスニーカーです。

一応染められているのでヌメ革ではないんですけど、

使っていくうちに色が深まっていくのがヌメ革っぽいなと思って。

始めはもっと明るいオレンジで、ちょっと浮いてしまっていました。

こちらも6年くらい前に買ったものです。

H28-0830-06.jpg

これも上と底の革を外側で張り合わせるタイプです。

ただこの靴は縫い合わせの糸も太く、丈夫に作られています。

縫い目を上に持ち上げるようになっているので革の側面が擦れるだけで糸にダメージが行かないようになっています。

加えて、つま先も持ち上げつつ、ゴムが前に出ているから階段でのダメージもあまり受けていません。

非常に頑丈な作りです。さすが靴メーカーの靴です。

H28-0830-07.jpg

踵部分にはソールが上まで付いています。

ドライビングシューズというやつですね。

車好きだからか、このような形状の靴が好きです。

機能美を感じます。

運動用のプーマのシューズも必ずこの形状のを履き続けています。

H28-0830-08.jpg

最初の明るいオレンジが嫌でわざと雨の日や洗車に使っていました(^_^;)

雨染みも色が濃くなるし、年季が入っているように感じるのでいいです。

オイルを塗ったりするともっときれいに色艶が出るんですかね?

H28-0830-09.jpg

あと、この靴のいいところは最高の履き心地のよさです。

とにかく柔らかいんです。

ちゃんと靴の幅も日本人に合う感じで窮屈ではありません。

靴底のゴムが爪先方面の前方と踵の後方に分かれているヤツは柔らかいですね。

なんとなく。

この靴もまだまだ現役、色あせても、雨染みになってもまだまだ使って行けそうです!



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

Posted at 23:28 | shoes | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。