--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.05.27

ニンジャストラップ!

私はカメラも好きなので、カメラカテゴリ作ってみました。

最近カメラのストラップがダメになったので替えました。

H28-0527-02.jpg

↑こんな感じにストラップの滑り止め部分がボロボロになってしまいました。

スエード風のラバー系の素材だと思うんですが、3年を待たずしてこの状態。

こんなものなのかとも思いますが、耐久性欲しいですよね。

合皮とか、スエード風とか、やっぱりすぐダメになります。

やっぱり本革かなと思いましたが、カメラが白・黒の色合いなので革は合いません。

あと、ストラップ使っていたときの不満点として、首から下げてるとき、

息子の前でしゃがんだりするとカメラがブラーンとなって息子に当たりそうになるんです。

カメラも重いし、固いし、大変危険です。

そこで、長さの変えられるストラップを探しているとこれにたどり着きました。

H28-0527-01.jpg

ニンジャストラップです!

外国の方が考案したようです。

ストラップの素材はシートベルトのような素材です。

耐久性もばっちりで、ほつれたりもしないっぽい。

細いテープ状の紐が出ている部分、白っぽい部分はスエードです。

本革で、バックスキンともいうやつです。

この部分が合皮のバージョンの方が安かったんですけど、

長く使いたいのでスエードのバージョンにしました。

色は豊富にあり、ストラップ幅も3種あるのでどんなカメラにも対応できるようです。

私は肩に食い込むのが嫌なので一番幅広いタイプにしました。

H28-0527-03.jpg

これが長くしたときの長さです。

写真を撮るときには長くしてカメラを構えられるようにします。

そして、ここから、ストラップに付いているバックルを引っ張ると、

ストラップが短くなっていき…

H28-0527-04.jpg

体にフィットする移動時モードになります。

こうすることで、しゃがんでも、下を向いてもカメラがブラーンとなりません。

カメラは背中に回すこともでき、そうすると本当にカメラをさげていることも忘れてしまいます。

このストラップのキャッチコピーで、

「カメラをバッグから解放せよ!」というのがあるんですが、

その通りですね。カメラバッグいらないor軽くできる。

あと、ストラップを伸ばしたり、縮めたりする動作も結構おもしろくて、

部屋で何回も練習してしまいました(笑)

動きがニンジャっぱいかなー。

良いストラップですのでおすすめです!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Posted at 23:32 | Fotographie | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。