2014.01.02

新年早々、反省ばかりです

昨日書いたように、17cmCUBE拡大化計画スタートですが、

そもそもなぜかというと、こちらの写真になります↓



17cmCUBEが見るも無残な姿になってしまいました。

もちろん、私のせいです。

崩壊までの歩み

①上からの光量不足のため、アメリカン・スプラウトが溶けて茶色に。

②部屋の中、外の廊下から、どちらからも見えるように窓辺に設置し、
 窓を開けていたので直射日光が入り、茶ゴケが出てきた。

③プラスチック水槽なのでプロレイザーが使えず、水槽面の掃除の機会が減った。

④仕事が忙しくなり、放置が続き、アオミドロのような藻が発生。

⑤ウィローモス付き石も茶色化して枯れた。

⑥新水槽を待つという名目で放置が続く。

という具合です。

水草をやるなら維持できるような設備、

もしくはメンテナンスの時間がないといけないということを痛感しました。

H26-0102-02.jpg

ベタくんは無事です。水も濁っていたりしませんが、

藻がすごいです。

水槽面に生えて、ゆらゆらと水草や流木にからまっています。

H26-0102-03.jpg

15cmCUBEの方は順調です。

ソイルがいいんでしょうか。

リシアが養分を吸収しているから藻が生えないんでしょうか。

リシアは直射光を受けて、午後には酸素の気泡をつけています。

大きさも2倍ほどに成長しました。

ガラス面にはうっすらと茶ゴケが出たのですが、どこからともなく貝がいて、

食べてくれます。たぶんスネールというやつです。

今は有益なのでそのままにしています。



今後、水槽を拡大化しても

私がきちんとメンテナンスしなければよい水槽にはならないと思います。

苦い経験になりましたが、

気持ちを一新して新水槽の計画を立てていきたいと思います。




スポンサーサイト
Posted at 00:01 | 水草 17C | COM(6) | TB(0) |
2013.12.26

水温が上がりません…②

①があれば必ず②がある、ということで、

今回は職場に置いてある17cmCUBEの水温が上がらなくなってしまいました。

職場の水槽が置いてある場所は暖房が無く、夕方以降は人もいなくなり、

朝、水温を見たら20℃まで下がっていました。

ベタ君なので何とか大丈夫ですが、これからさらに冷え込むと危ないかもしれません。

水槽は小さいんですが、外気が7℃くらいにまで下がるのでヒーターの力不足だと判断しました。

また、水槽が狭いので、近々大きくする予定があり、

一気に100wのヒーターにすることにしました。



50wのものを持っているテトラの100wの方を買いました。

全長が少し長くなりますが、倍の長さではありません4cm程長くなります。

全体が黒いので水槽の中でもあまり目立ちません。

さすがに17cmCUBEにはでかすぎますが。水温が下がるよりはましです。

水温は24℃まで上がりました。

たぶんヒーターの近くは25~26℃あるでしょう。



あと、追加ですが、外掛けフィルターAT-20のろ過能力をパワーアップさせるために、

これを試してみることにしました。

H25-1225-05.jpg

高性能ろ材パワーハウスがネットに入った外掛けフィルター用の商品です。

ネットは型崩れしないように周囲が厚めでしっかりしています。

チャックも付いていて、取り出したりもできるようです。

これを外掛けフィルターのろ材の隙間に入れます。

バクテリアが定着することを祈りつつ、

見守ることにします。





Posted at 00:01 | 器具 17C | COM(3) | TB(0) |
2013.12.19

新17cmCUBEレイアウト

職場に置く17cmCUBEのレイアウトを考えました。

まず第一に17Cはプラスチック製水槽なのでプロレイザーが使えません。

水槽面のコケを落とすには丸洗いが手っ取り早いです。

なので低床はソイルや砂は使えません。

でも水草水槽にしたいという矛盾の中、考えました。



床の部分に注目です。

床は石です。

前面を石で埋め尽くします。

ウィローモス付き風山石が3つあるのでそれを使い、

ウィローモスの絨毯を目指します。

溶岩石に水草が植えてあるものもチャームで買いました。

あとは流木で隠れ家を作ります。

H25-1218-03.jpg

ありものの詰め合わせなので、立ち上げもスムーズです。

掃除は石を取り出すだけなので、手軽です。

なるべく負担にならない水槽になればいいです。

横から見るとこちら↓

H25-1218-04.jpg

このアングルだとちょっといい感じに見えます。

4代目ベタくんとミナミヌマエビ5匹を入れました。

落ち着いたら職場に持っていきます。




Posted at 00:01 | 器具 17C | COM(4) | TB(0) |
2013.12.18

突然の4代目ベタくん登場!

突然ですが、4代目ベタくんの登場です!

ちなみに、3代目ベタくんマスタード・ガスも健在ですので、大丈夫です。



4代目は、ダブルテールフルムーン・ダンボと書いてありました。

尾びれが2つに分かれていて、広げると満月状になり、

胸びれ?(えらのところにあるひれ)が大きいということです。

色についての記載はありませんでしたが、

ベースがホワイトで、ヒレの根元が赤紫で、ヒレの先がほんのりライトブルーです。

ラベンダーというタイプの種類でしょうか?



ベタと水草水槽の魅力にはまっている私は、

職場にも小さな水槽を置こうと考えていました。

次は白いベタが欲しいと思い、

オークションをチェックしていたら色合いの素晴らしい個体に出会いました。

「まっ白もいいけど、不思議な色で綺麗だな。」と感じるとともに、

ダンボは高いイメージがあり、競り上がるだろうとも思いました。

タイプは違いますが、近くのコーナンでは、ペアで12800円!

数か月売れ残っていましたが、無くなりましたので誰か買ったんでしょう。

ネットでも5000円以上です。これは手が出せないと思いつつも、

今は1800円だから一応入札することにしました。

終了間際に高値更新!これは始まったと思いましたが、予算3500円でいくことにしました。

2000円で更新返しです。

そしたら、なんとそのまま落札です!!!

たまたま見ている人が少なかったのか、ダブルテールなので安いのかわかりませんが、

自分がいいと思ったものが手に入り大満足です。

自宅に届いてもオークション写真のままの姿で、偽りはありませんでした。

45Fには入れられないので、17cmCUBEへ。


ベタ2匹体勢は初めてです。

17cmCUBEのレイアウトはどうしようか考えないといけませんね。





Posted at 00:01 | 生体 17C | COM(3) | TB(0) |
2013.11.02

ADAの衝撃!

魚やフィルターの事など、アクアリウム関係で調べていたら、

掲示板やブログでADAというワードをよく目にしました。

ADA「アダ!?」

調べてみるとADAは「エーディーエー」と読んで、

アクア デザイン アマノの略だそうです。

アクアリウム器具のメーカーでした。

そしてADAが出しているガラス製品を見て衝撃を受けました。

ガラス製パイプの透明感がすばらしく、水景に本来不要のはずの人工物であるパイプが、

逆にあった方がカッコイイとさえ感じました。

その他にも何種類ものピンセットやハサミ、ステンレス製のフィルターなど、

見たことがない物ばかりでした。

そして、値段を見てさらに驚きました。

ピンセットが4000円!

ハサミが10000円!

ガラス製のパイプが一本8000円!

ステンレス製のフィルターは安い物でも30000円!高い物は100000円!!

これはすごいな、いつかは手に入れてみたいなと思いましたが、

反面、ちょっと住む世界が違うなとも思いました。

ん、

水槽は60cmでも10000円!?手ごろな36cmあたりで6000円!?

しかもガラスの透明感(小口が水色)が他の水槽とは一線を画しています。

水槽は買えそうだな。

他にも小物は買えそうだな。

ということで、塩素中和剤とベタはヒレが命なので粘膜保護剤をADAにしてみました。



これはDo!aquaというADAのビギナー向けラインだそうです。

ロゴもパッケージもデザインがすてきです。

また、水温計も買いました。

H25-1101-02.jpg

これは画期的なアイデアで、写真には写っていなくてすみませんが、

水槽の縁に引っ掛ける水温計です。

普通はキスゴムで付けますが、17cmCUBEのような小型水槽だとキスゴムすら目立つので

何もなしに設置でき、すっきりとしました。

ADA、これははまりそう。




Posted at 23:15 | 器具 17C | COM(0) | TB(0) |